株式会社 奥山建設

埼玉で建てる木の家の注文住宅
自然素材を活かし、安全で心地良い家づくり

見学予約
お問い合わせ

スタッフ紹介

一級建築士

代表取締役社長小林 大介 / Daisuke Kobayashi

耳を澄まして、住まい手の声を大切にします お打合せや家守り点検でのお客様との会話の中に、ヒントがあります。
現場では職人の会話の中にヒントがあります。友人や家族との会話の中にヒントがあります。それは設計的アイデアであったり、技術的アイデアであったり、時に意匠的アイデアであったりします。
机の上やパソコンの中で考え付く事には限界があるように感じています。大切にしなければならないのは、住まい手の声であり、造り手の声です。現状の最善を尽くし、それに慢心せず、さまざまな声に耳を澄まし続ける。住宅づくりに携わる者として大切にしていることです。
お客様にとって最高の家を、沢山の協力業者が達成感を持って造りあげる、そんな家づくりを目標にしています。

こんな仕事をしています

「現場で起きていることは全て自分ごと」そんな気持ちで、現場監督もしています。

作り手に一番近い場所で木の家の魅力を肌で感じながら、日々住宅の質を高める方法を真剣に探し続けています。同じ設計図だったとしても、同じ素材を使ったとしても、仕上がる住宅の価値は異なります。

美しい仕上がりのみでなく見えなくなってしまう構造や設備にもこだわりを持って施工することで、お客様にとって価値の高い住宅をお引渡ししたいと考えています。

一級建築士

取締役副社長加藤 真哉 / Shinya Kato

手の温もりのある家づくりにこだわり続けます 住まいの設計を担当しています。
敷地や家族構成が一件ごとに違いますので、出来上がった家もそれぞれに違ったものとなります。しかし、設計での検討プロセスはほぼ同じです。大事にしている2つを紹介しましょう。
1つ目は、パッシブデザインです。太陽や風といった自然エネルギーを最大限に活用できるようにシミュレーションや検討を行い、快適性と省エネ性を両立させます。
2つ目は、木構造を念頭に入れたプランニングです。耐震性を確保することが容易となり、ライフスタイルの変化に合わせたリフォームも行いやすいプランになります。また、シンプルな木の構造は美しく、飽きの来ないデザインとなります。

このような検討をていねいに行うことで、陽だまりや風、木に包まれる心地良さを感じられる家を設計していきたいと思います。

こんな仕事をしています

くらけん(暮らし省エネ研究会)・事務局

暮らしの中で生まれる省エネに関するアイデアや工夫、エネルギー消費や創エネに関するデータなどを持ち寄り発表しあえる場として「暮らし省エネ研究会」を立ち上げました。家庭のエネルギー消費を大きく左右するのは暮らし方だと言われています。

敷地条件や建物の形、家族構成やライフスタイルは様々。時間軸も考えると家庭は常に変化していく環境であると思います。そうした家庭での「暮らしの省エネ」という技術は、住まい手自身が工夫を楽しみながら身に付けていくものなのだと考えます。

「くらけん」事務局は、楽しみながら省エネな暮らしの技術を磨く皆さんをリスペクトしサポートいたします。

工務課チーフ岡田 和宏 / Kazuhiro Okada

現場を雨に濡らさないよう大工さんと一緒に頑張ってます お客様の家づくりに参加させていただけることに喜びと責任の重さを感じています。大切な木のお家を雨にぬらすことはできません。大工さんと一緒にブルーシートで養生します。工務課の仕事は大工さんと一心一体でこそ、うまくいきます。休日には日曜大工で子どもの机や棚をつくったり、シンプルな「オヤジ料理」の腕を振るっています。もともと「つくること」が大好きなので、家づくりを通じてお客様と一緒に笑顔になれることがエネルギーになります。

ご家族が幸せに住んでいただけるよう、現場ともお客様とも心を一つにして頑張っています。

こんな仕事をしています

リフォーム工事のお手伝いもしています。

お打ち合わせから始まり、設計、見積り、工事監理とマルチプレーヤーとして、お客様のご期待に応えられるよう努めています。

リフォームでは、以前よりきれいになるのは当たり前です。プラスアルファの心遣いで、お客様に喜んで頂けることを目標にしています。

二級建築士

取締役常務・情報企画室チーフ村岡 美穂 / Miho Muraoka

子育てと同時進行で、お客様と共感できる家づくりを 「安心してお家のことを考えていただきたい」。
一言で言うとこれが私の仕事です。安心して家づくりに取り組んでいただけるよう、見学会のご案内からお客様宅のご紹介、家づくりへの熱い想いまで、一眼レフ片手に情報をお届けします。安心して家を守っていただけるよう、住まい手の皆さんに「奥山は元気でやっています!」と季刊誌をお送りしています。家に帰れば「子どもは元気にしているか」「夫の顔色は悪くないか、家で休息を取れているか」と気遣う毎日。慌ただしい日々を「心地好い家」が応援してくれていると感じています。

お客様の暮らしを応援したい、そんな思いで家づくりを考えています。

こんな仕事をしています

暮らしを豊かにしてくれるお庭の設計と植栽のお手伝いをしています。

住宅街の限られたスペースでも、ちょっと郊外のゆとりある敷地でも、お客様がそこでどんな風に過ごされるかをイメージしながら、自然体で四季を愉しんでいただけるようにと考えています。

ご一緒に植物を植えたり、造園屋さんの畑に木を選びに行ったり、木塀に塗装したりもします。

情報管理室津島 正 / Tadashi Tsushima

日々の暮らしへの愛情をこめて家づくりをお手伝いします 季刊誌「With」での情報発信のお手伝いから、設計スタッフ・工務スタッフの事務サポートを担当して参りました。当時は直接お客様とお会いすることは少なかったのですが、現在では総務系の仕事も担当することになり、お客様と接する機会が増えています。
映画が好きですが、いわゆる超大作よりも、小粒でも日常の愛情を細やかに描いた作品をよく観ます。お客様の家づくりでも日々の暮らしを大切にする気持ちでお手伝いしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

こんな仕事をしています

奥山建設を縁の下で支えてくれているアシスタントスタッフのまとめ役をしています。

お客様が来社される際にはお子様と遊ばせて頂いたり、書類のファイリングや、建築模型の作成など、幅広く活躍してもらっています。

曜日ごとに違う女性スタッフが机を共有しているので、働きやすいよう心配りをしています。

一級建築士

代表取締役会長村岡 潤一 / Junichi Muraoka

本物の家づくりを プロとしての会社づくり、人づくりを凡事徹底頑張ります。最近特に、住まいも会社も永く続くことが大切だなと実感しています。人の暮らしが安定して地域が豊かになり、それが会社や人にまた戻ってくる。そういう地域を軸にして循環する社会をつくるためにも、本物の家をつくり、また守っていくことが工務店の仕事だと思います。

お客様が社員をほめてくださることが、私の喜びです。

二級建築士

取締役・宅地建物取引主任村岡 悦子 / Etsuko Muraoka

長く続く暮らし、長く続く会社を目指してガンバリます お客様のため、つい夢中になって仕事をしてしまいます。孫たちのかわいい笑顔を見ていると、ますます力がわいてくるようです。子どもの成長を考え出したら、家づくりの楽しみは尽きないですね。

誠意と情熱をモットーとしています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせお待ちしております